自社採用サイトを中心とした採用の実現
これからの採用は大手求人媒体に頼らず自社採用サイトで行うのが当たり前です。
正社員・パート・アルバイト・派遣社員に限らず、これまでは大手求人広告で採用するのが当たり前でしたが、採用レッドオーシャンの今、他社と同じ事をやっていても意味がありません。自社の想いや欲しい人物像を明確化し、自社で直接伝えること。これが自社採用サイトで採用する基本です。これまでの300社以上の実績(派遣・アルバイト・正社員などの事例)を元に採用をご支援いたします。 自社採用サイトを制作し、そこにWEBマーケティング(SEO、indeed、リスティング広告、DSP広告など)の手法をもとに対象となる求職者を誘導します。 2016年4月現在の最優先おすすめ手法はindeedの活用です。

あなたの会社の採用は時代遅れではないですか?

大手求人広告媒体に掲載しても人が採用できない。応募者がこない。とお悩みの皆さま。それはそうです。これまで数十年の間、ハローワークか大手の求人広告が当たり前の価値観をぐるりと入れ替えて下さい。まずはEコマース業界から学んでみましょう。インターネットの発展に伴い、最初は楽天等のポータルへ出店が当たり前でどうやったら楽天で売れるか?を各店が競っていましたが、今では力のある店舗は、楽天等のポータルからオウンドメディアを強化し、移行が進んでいます。

求人広告は長らく、紙媒体(いまだに地方の方は紙媒体でないと人が採用できないといいますが、ナンセンスです)が当たり前で、ようやくこの10数年でWEBに移行してきていますが、まだまだEコマース業界でいう楽天にあたる大手求人広告媒体に頼っているのが現状です。

大手求人広告媒体はどこから人を誘導しているかご存知ですか?

大手求人広告媒体は、TVCMや電車広告などを大量に実施してブランド力があり求職者を直接媒体に誘導する力もありますが 多くの求職者はスマホの普及に伴い、googleの検索から直接「地域名 職種 バイト」「職種 正社員 求人」といったキーワードを入力して仕事を探しています。

ということは、自社の採用ターゲットが検索するであろうキーワードから直接、自社採用サイトへ誘導することができるということです。
本当にうちのような知名度もない中小企業や無名の派遣会社のサイトを見に来てくれるのか?
みなさん自分のスマホでの行動をよく考えて

みなさんは、お店を探すときや観光地でそのエリアでのニッチな情報を得たいときに、どのように検索するかを思い出してください。 わざわざ ぐるなびやホットペッパーのサイトに行ってから検索しますか? それともグーグルの検索まどに「地域名 カフェ おすすめ」と入れませんか?

求職者も同じ行動をすると考えて、自社の社名を検索してくれなくても(もちろんブランド力の強化はすすめましょう)特定のキーワードを探す求職者なら うちが一番活躍できる(採用できる)と考え、自社採用サイトを作り上げることが最優先です。 その過程で、自社の採用ターゲットが明確になり、通常の求人広告でも何となく広告を出すことがなくなり全体の採用活動が活性化します。

事例のご紹介

ただいま準備中(非掲載事例はお問い合わせください)

ページトップ

Copyright©ADVANTAGE Co.,Ltd. All Rights Reserved.