アドヴァンスキャリア

期間工の年収はどのくらい?サラリーマンより高い?10工場を比較!

期間工 年収

期間工の年収ってどんなもんなの?

サラリーマンと比べるとどうなのかな…?

会社ごとにどのくらい差があるの?

この記事を読んでいるあなたは、期間工の給料事情について詳しく知りたいと思っているのではないでしょうか。

結論から言うと、期間工の月収は残業代を含めて30万円前後になることが多く、祝い金や手当も考慮した年収は400~500万円程度になります。

日本人の平均給与は433万円*なため、期間工の給与は平均的な値だと言えるでしょう。

この記事では、期間工の平均年収について詳しく解説し、サラリーマンとの比較も行っています。

また、トヨタやいすゞなど、企業ごとの給与についても比較。

最後まで読むことで、期間工の給与事情について詳しく知られるでしょう。

*1年を通じて勤務した給与所得者の1人当たりの平均給与(国税庁:令和2年分民間給与実態統計調査より)

1.期間工の平均年収や給料

期間工は稼げるとは言っても実際にどのくらい稼げるのか疑問に思っている方も多いはず。

期間工の平均的な年収は430万円と言われており、数値的には一般企業の正社員より若干高いくらいです。

とは言え、期間工は基本寮生活となるので

  • 家賃・水道光熱費などと固定費がかからない
  • 食費も食堂がある

かなり節約できます。

期間工という働き方が

「まとまったお金が短期間で欲しい」

といった方にはうってつけの方法であることは間違いありません。

1-1.期間工の平均給与(平均月給)

自動車メーカーにもよりますが期間工の平均月収は、28〜30万円前後だと言われています。

メーカーによっては

  • かなり残業が少ないところもある
  • 毎日残業がある

といったところもあるので、より稼ぎたい方は残業が多いところを選ぶべきでしょう。

また、期間工には高額な入社祝金が手当として支給されるので、祝金の額も比較材料としては大変重要になってきます。

1-2.期間工の平均年収

期間工の平均年収は430万円前後です。

国税庁の給与実態調査によると

  • 20代平均年収=男性365万円(女性319万円)
  • 30代平均年収=男性487万円(女性386万円)

といった結果となっています。

期間工の最高年収額が500万円前後なので、一般のサラリーマンよりも稼げることが分かります。

また、期間工生活は固定費が全くかからないので、手元に残るお金もかなり多い。

2.期間工の年収や給料が高い3つの理由

  1. 入社祝金がかなり高額
  2. 基本給以外に多数の手当金がもらえる
  3. 雇い主が大手企業だから

期間工の給料が多い一番の理由としては、どの自動車メーカーも誰もが知る大企業であり、基本給以外にも様々な手当金がもらえるからに他なりません。

会社の規模が違うといってしまえばそれまでですが、現状日本の自動車メーカーが国家を支えていると言っても過言ではありません。

また、期間工の入社祝金は他の会社でもらえる金額よりも遥かに多く、多くの期間工募集者が入社祝金目当てで入社します。

2-1.入社祝金がかなり高額

期間工の入社祝金は平均して10〜30万円ほどもらえるところが多いです。

中には50万円以上支給されるところもありますが、自動車メーカーの経営状況や時期にもよるので保証はされていません。

また、高額な入社祝金を入手する方法としては、必ず派遣会社を通じて応募することです。

派遣会社を利用する事で自動車メーカーと派遣会社の両方から入社祝金を、受け取ることができます。

2-2.基本給以外に多数の手当金がもらえる

期間工では基本給以外にたくさんの手当金がもらえるようになっています。

正社員にも時間外手当として残業代は支給されますが、期間工と同じような多数の手当金は支給されません。

<手当金の種類一例>

  • 入社祝金
  • 残業手当(時間外手当)
  • 休日出勤手当
  • 夜勤手当(深夜勤務手当)
  • 満了慰労金
  • 契約更新手当
  • 特別手当
  • 食事補助
  • 皆勤手当
  • 赴任旅費・引越し旅費
  • 交通費(マイカー通勤の場合)

2-3.雇い主が大手企業だから

期間工を募集している多くの企業が誰もが知る自動車メーカーであり、毎年数千人もの募集を各社行っています。

一箇所の会社で期間工として働ける期間は2年と11ヶ月間と決まっているので、辞める人が毎年一定数はいることになりますね。

流失した人材を確保するために、高い確率で各社毎年募集を行っています。

また、時期や会社の経済状況によっては募集を停止される場合もあるので、応募の際には必ず確認してから取り組むようにしてください。

3.一般の会社の正社員と期間工の年収や給料を比較

結論からいうと一般の会社員よりも期間工の方が稼げます。

  • 無駄な固定費は一切かからない
  • 月収もかなり高い方

なので、よっぽど浪費癖がない限りまとまったお金を貯金できるでしょう。

また、期間工として勤める工場の多くは地方にあります。

そのため、都市部と比較して物価も安く生活費もそこまでかかりません。

3-1.日本のサラリーマン20代の平均年収は345万円

大手人材紹介会社dodaの調べによると日本のサラリーマン20代の平均年収は345万円といったデータが出ています。

期間工の平均年収が約430万円なのでその差は85万円とかなりの金額。

その上、一般企業で働いている会社員のように固定費はかかりませんので、かなり貯金することができますね。

  • 平均給料が高い
  • 固定費がかからない

というのは期間工の最大のメリットとも言えます。

3-2.期間工は男女ともに高年収がもらえる

一般企業であれば男女の間でもらえる年収に差が出たりもしますが、期間工の場合は男女等しく給料が支給されます。

その上、女性期間工に対しては出来るだけ軽作業が行える配属先に配置する配慮がなされる他、寮も女性専用寮に割り振られます。

男女ともに等しく給料が割り振られる上に、女性に対する扱いもかなり丁寧なので一般企業で働くよりも条件はかなり良いでしょう。

ただ、自動車メーカーによっては配慮がされていないところもあるので注意が必要です。

4.期間工の年収や給料を自動車メーカーごとのランキング・比較

自動車メーカー平均月収(万円)1年目の年収(万円)
トヨタ35496
マツダ32462
日産(追浜工場)28454
いすゞ32452
スバル33451
日野30446
ホンダ(鈴鹿製作所)30445
デンソー32450
三菱34418
スズキ31420

(※数字はあくまでも目安です)

期間工として働くのであれば、自動車メーカー選びはとても重要になってきます。

自動車メーカーによっては

  • 寮の質
  • 手当
  • 入社祝金
  • 基本給
  • 残業時間
  • 業務内容
  • 寮周辺の商業施設

などを細かく見ていくとかなり違いがあるので、必ずご自身でもリサーチしてどこが自身に適しているのか把握する必要があります。

働く目的やその後の目標に合わせて自身に合った自動車メーカーを選ぶためにも、

一人で判断せずにアウトソーシング(期間工.jp)などの派遣会社を活用した方が、より効率的に情報収集できるでしょう。

>>期間工専用の求人サイト「期間工.jp」を見る

まとめ|期間工の年収は平均より高い!短期間で貯金を増やしたい人に特におすすめ

期間工の年収は、日本人の平均的な年収よりも高いです。

とはいえ、業務内容に筋力を要したり、深夜勤務があるなど、体力面できついという側面もあります。

年齢に応じて体力が衰えることを考えると、長期的に期間工として働くのは難しいかもしれないので、短期的に貯金を増やしたい人にはおすすめできると言えるでしょう。

この記事を読んだ最後まで読んだあなたが、期間工の年収について詳しくなれたのであれば嬉しく思います。