アドヴァンスキャリア

広告業界への転職におすすめなエージェント9選!後悔しない使い方

転職エージェント 広告

広告業界で転職したいんだけど、どうしたらいいの?

広告業界に強い転職エージェントってどんなものがある?

そもそも転職エージェントを使った方がいいのかな?

広告業界への転職を決意し、転職エージェントについて調べているあなた。

どのエージェントをどのように使ったら転職がうまくいくのかわからず、悩んでいるのではないでしょうか?

結論、広告業界で転職するなら、転職エージェントを正しく利用することが重要です。

転職エージェントは一般の人にはわからない非公開求人や転職のノウハウを多数保有。

手厚い選考サポートもあるので、エージェントをうまく利用することで、最短で転職ができます。

しかし、自分と合わないエージェントや悪質なエージェントを利用してしまうと、なかなか転職先が決まらないどころか、希望しない企業にしか行けない場合も。

本記事では、転職エージェントを20社以上調査してきた筆者が、広告業界に転職するのに本当に使えるエージェントを9つ厳選。

転職エージェントを利用するメリット・デメリットや、賢い使い方もお伝えします。

本記事を読み終わる頃には、あなたにピッタリのエージェントが見つかり、転職活動の第一歩を歩み始められるでしょう。

3行で分かるこの記事のまとめ
  1. 総合型と特化型のエージェント両方に登録し、それぞれの強みをうまく利用すべき
  2. エージェントに自分の経歴や希望を正しく伝えることでスムーズに転職活動が進む
  3. 万が一担当者と相性が悪かったら遠慮なく交代をお願いすべき

ランキング】広告業界への転職にオススメの転職エージェント比較表

サービス名12345 678

リクルートエージェント

マイナビエージェント

マスメディアン

DXキャリア

dodaエージェント

Symphoneed

Spring転職エージェント

Creative Job
無料で登録無料で登録無料で登録無料で登録無料で登録無料で登録 無料で登録 無料で登録
強み転職実績数累計37万名以上業界担当エージェントと求職者担当エージェントがいるグループの人脈を活かした圧倒的求人数直接応募とエージェントサポートの2通りでの転職活動エージェントとLINEで連絡がとれる領域ごとの手厚い専任チーム職種別の専門エージェント制転職セミナーや転職コラムなどが豊富
こんなあなたに
おすすめ
転職を目指す方全員転職先について詳しく知りたい方広告業界を目指す方全員希望条件が細かく決まっている方不安が多くエージェントと気軽に連絡が取りたい方専門のスタッフによる手厚いサポートが受けたい方やりたい仕事内容が明確に決まっている方転職に必要な知識にやや不安がある方
求人数
サポート体制

詳しくみる

詳しくみる

詳しくみる

詳しくみる

詳しくみる

詳しくみる

詳しくみる

詳しくみる

1. 広告業界への転職におすすめな特化型エージェント5選

サービス名こんなあなたにおすすめ強みデメリット求人数非公開求人数運営会社
1
詳しく見る
無料登録広告業界を目指す方全員グループの人脈を活かした圧倒的求人数特になし1,032件不明株式会社マスメディアン
2
詳しく見る
無料登録希望条件が細かく決まっている方直接応募とエージェントサポートの2通りでの転職活動
20代、就業経験が少ない方には向かない1,046件不明株式会社プロフェッショナルメディア
3
詳しく見る
無料登録もっと技術を身につけたい方充実の無料のキャリアアップ講座
求人が少なく、実績が不明328件不明アスコープ株式会社
4
詳しく見る
無料登録不安が多くエージェントと気軽に連絡が取りたい方
エージェントとLINEで連絡がとれる 求人が少なく、実績が不明 78件不明株式会社シンフォニード

転職エージェントは、大きく分けて特定の業界の求人のみを紹介している「特化型エージェント」と、幅広い業界を網羅している「総合型エージェント」の2種類。

特化型エージェントは、広告業界の知識やノウハウを多く備えています。

また中途採用で大切になってくる人脈も、特化型エージェントがサポート。

特化型エージェントを利用することで、選考を有利に進められるでしょう。

広告業界への転職におすすめな特化型エージェントを5つご紹介します。

広告業界への転職におすすめな特化型エージェント5選

1-1. マスメディアン|特化型エージェント実績No.1

サービス名マスメディアン
特徴グループの人脈を活かした圧倒的求人数
広告業界の公開求人数1,032件
広告業界の非公開求人数不明(多数あり)
主な求人掲載企業電通 博報堂 ADK 楽天 サイバーエージェント など
運営会社株式会社マスメディアン
マスメディアンの概要

広告業界をめざす方全般におすすめしたいのが、「マスメディアン」。

広告業界での転職実績No.1の信頼できるエージェントです。

クリエイティブ分野で67年の歴史をもつ「宣伝会議」グループなので、多くの情報やノウハウを保有。

圧倒的な転職実績から得た経験と、グループ会社である強みを活かした知識で、企業ごとの特徴をつかんだアドバイスがもらえます

マスメディアンにしかない求人もあるので、広告業界をめざす方は、ひとまずマスメディアンに登録するのがよいでしょう。

広告業界転職実績No.1

悪質な人材紹介

タイトル
アイテム
 (2)

ある求人に応募したのですが、その内容を記せず、あなたに紹介できる仕事はありませんときました。。まず掲載されていた求人からも福利厚生や給料などの書き方が雑で人を雑に扱う印象は持ったのですが、私も仕事探しに必死になっていた為、チャレンジしてみようという気持ちが勝ってしまい判断力にかけていました。私は応募条件と合っているのを見て応募したのにスキルがない即戦力にならないなど何の接点もない知らない方に私の弱点を棚に上げるような書き方をされてなぜ求人に応募しただけで長々と不快なことをメールで言われなきゃいけないんだろうと思い、個人情報を書いてしまったことダメな求人だと気付けなかったことなど後悔しました。人材紹介もこのような会社ばかりではないと思いますが、これからは嫌な思いをさせる会社など自分で見分ける力をつけて即戦力を付けていこうと思います。*みん評より抜粋

エージェントの能力が低い。

タイトル
アイテム
 (2)

最初に提示される勤務条件と、実際の勤務条件が違っていても、言い訳をしていいくるめようとしてきた。間違えている情報を、確かめもせずに断定的に伝えたり。担当者によると思うが、某大手制作会社を受けたときの担当者の仕事の出来なさは本当にひどかった…。エージェントは企業と求職者のミスマッチを無くすためにいるのではないのか?この会社の一部のエージェントは、機械的に案件を受け流しているだけである。*みん評より抜粋

業界未経験者でも安心です

タイトル
アイテム
 (4)

マスコミ業界に強いエージェントということもあり、マスコミや広告関係の求人は群を抜いていると思います。求人数が多いとどの企業を選べばいいのかと混乱しがちですが、専任のコンサルタントはマスコミ業界の知識が豊富で条件に合う求人を紹介してくれるのでミスマッチの心配はあまりなかったです。私は業界未経験でしたが個別相談や未経験者向けのセミナーが定期的に開催されていて、自ら情報収集できるのも良かったです!*みん評より抜粋

面接サポートがあるのが良い!

タイトル
アイテム
 (4.5)

利用した理由は、メディアに限定した職種を探せる点が気に入ったからです。
プロフィールに希望職種とその他月給等の詳細事項を記述すれば、条件が合う会社とマッチングもしてくれたので効率よく職場探しを行えました利用し嬉しく感じたのは、面接サポートです。どんな服装・髪型が好感を得られるのかしっかりと教えてくださったおかげで、希望した会社に転職できたと感じます。*みん評より抜粋

1-2. DXキャリア|業界求人数No.1

DXキャリアのトップページの画像
DXキャリアのトップページ
サービス名DXキャリア (旧サービス名:広告転職.com)
特徴直接応募とエージェントサポートの2通りでの転職活動
広告業界の公開求人数1,046件
広告業界の非公開求人数不明
主な求人掲載企業電通 博報堂 ADK 大広 サイバーエージェント Google
運営会社株式会社プロフェッショナルメディア
DXキャリアの概要

希望条件が細かく決まっている方には、「DXキャリア」がおすすめ。

詳細な条件をヒアリングして、希望にピッタリな案件を紹介してくれます。

業界特化型のエージェントの中でも特に職種の分類が細かく設定されているのがDXキャリアの特徴。

自分の経験を活かして、さらなる活躍が期待できる求人が見つかります

20代の方や、就業経験が少ない方には、合う求人が少ないのがデメリットですが、

ある程度キャリアがある方はDXキャリアを利用すると、良い転職先に出会えるでしょう。

調査中

タイトル
アイテム
 (2)

調査中

調査中

タイトル
アイテム
 (2)

調査中

調査中

タイトル
アイテム
 (4)

調査中

調査中

タイトル
アイテム
 (4.5)

調査中

1-3. Symphoneed|専任チームがあなたをサポート

サービス名Symphoneed
特徴領域ごとに専任チームが手厚いサポートをしてくれる
広告業界の公開求人数79
広告業界の非公開求人数不明
主な求人掲載企業非公開
運営会社株式会社シンフォニード
Symphoneedの概要

専門のスタッフによる手厚いサポートが受けたい方には、「Symphoneed」がおすすめ。

特化型エージェントなのでもともとのノウハウが豊富です。

それだけでなく、が、さらに細かい業種ごとに専門チームを編成しているため、知識量は十分。

めざす職種・業種の専門スタッフがあなたのコンサルティングから企業との面談まで担当しているため、安心して相談できます

専門性が高い分、求人数が少ないのがネックなので、他のサービスと併用しましょう。

Symphoneedを使えば、手厚いサポートが受けられ、希望する企業の内定に一歩近づけるでしょう。

領域別のチームがあなたをサポート

二度と使わない

タイトル
アイテム
 (2)

一瞬で求人を送ってこなくなりました。二度と使うか*Googlemapの口コミより抜粋

調査中

タイトル
アイテム
 (4)

調査中

調査中

タイトル
アイテム
 (4.5)

調査中

1-4. Creative Job|豊富なコラムで情報収集

サービス名Creative Job
特徴転職に関するコラムが豊富
広告業界の公開求人数1,140件
広告業界の非公開求人数不明
主な求人掲載企業電通デジタル
博報堂
サイバーエージェント
楽天
運営会社株式会社クリーク・アンド・リバー社
Creative Jobの概要

異業種から転職する方など、知識にやや不安がある方におすすめなのは、「Creative Job」。

エージェントによる転職サポートだけでなく、転職セミナーや転職コラムなども豊富です。

コラムでは、基本的な用語の解説から、職務経歴書の書き方、求められるスキルやその勉強法など、転職に必要な幅広い内容をカバー。

エージェントとのやりとりで自分の転職スキルを磨くのも大切ですが、自分で知識をインプットすることも同じくらい大切ですよね。

Creative Jobなら自分で知識を蓄えることもできます。

スキルに不安がある方は、Creative Jobで学びながら転職活動をすることで、内定に近づけるでしょう。

豊富なコラムで情報収集

微妙だった

タイトル
アイテム
 (2)

個人情報(職務経歴書と履歴書)を渡し、対象外の仕事を2社渡されたあと
連絡返ってこなくなりました。催促の連絡をしても返事なし。*Googlemapの口コミより抜粋

100%満足できなかった

タイトル
アイテム
 (2)

こちらの派遣会社は、私的には十分手厚くサポートして頂きましたが、派遣先が100%満足とは言えませんでした。*Googlemapの口コミより抜粋

担当者が丁寧で親切

タイトル
アイテム
 (4)

担当してくれた人は丁寧な対応で親切でした。
面接で不安なことやわからないことがあっても的確に答えていただき、隣でフォローもしていただいたのでとても心強かったです。今後は紹介していただいた企業でエンジニアとしての技術を磨き、こちらに骨を埋めるつもりです。*Googlemapの口コミより抜粋

書類選考突破率が上がった

タイトル
アイテム
 (4.5)

履歴書・職務経歴書を添削してもらい、内容が見違えるほど変わり、書類選考突破率があがりました!*Googlemapの口コミより抜粋

2. 広告業界への転職におすすめな総合型エージェント4選

サービス名こんなあなたにおすすめ強みデメリット求人数非公開求人数運営会社
1
詳しく見る
無料登録転職を目指す方全員転職実績数累計37万名以上特になし5,216件6,078件株式会社リクルート
2
詳しく見る
無料登録転職先について詳しく知りたい方業界担当エージェントと求職者担当エージェントがいる特になし6,545件3,690件株式会社マイナビ
3
詳しく見る
無料登録不安が多くエージェントと気軽に連絡が取りたい方エージェントとLINEで連絡がとれる経験の浅いアドバイザーに当たる可能性がある5,095件不明パーソナルキャリア株式会社
4
詳しく見る
無料登録やりたい仕事内容が明確に決まっている方職種別の専門エージェント制求人数が多くない779件不明アデコ株式会社

転職エージェントには、ほとんどの業界を網羅している総合型エージェントもあります。

幅広い求人を数多く取りそろえており、転職全般に対するノウハウが豊富なのが、総合型エージェントを利用するメリット

また、総合型エージェントは大手人材会社が運営しているものが多いので、大手企業の求人が多いのも特徴のひとつ。

広告業界への転職におすすめな総合型エージェントをご紹介します。

広告業界への転職におすすめな総合型エージェント4選

2-1. リクルートエージェント|転職実績No.1

サービス名リクルートエージェント
特徴転職実績数累計37万名以上
広告業界の公開求人数5,216件
広告業界の非公開求人数6,078件
主な求人掲載企業サイバーエージェントリクルート楽天アイスタイル
運営会社株式会社リクルート
rリクルートエージェントの概要

広告業界での転職に最もおすすめしたい総合型エージェントは、リクルートエージェント。

株式会社リクルートが運営している、転職実績数が累計37万名を超える信頼できるエージェントです。

多くの人の転職をサポートしてきた、業界に精通したアドバイザーが丁寧にサポートしてくれます。

会員登録するだけで、条件がよく他サイトではみられない非公開求人にアクセスできるので、登録しておいて損はないでしょう。

求人数・サポート体制ともに充実しているので、大手ならではの安心感があります。

リクルートエージェントは、転職をめざす方全員におすすめのサービスです。

嫌いと言っている職種を薦めてこられた

タイトル
アイテム
 (2)

面談の初回は、優しい口調で色々と同調してくださったり色々な可能性を示してくださり、好印象でした。しかし二度目の面談から豹変します。

・営業はもう嫌だと言っているのに、あの手この手で営業も受けるよう洗脳してくる。しつこくて違和感を覚えました。

・2日間オススメ求人を見られなかったのを「なぜですか?なぜ見られなかったんですか?理由教えていただけますか?」と詰め寄られます。(あくまで口調は優しく。)

色々バタバタしていて…と答えると、再度「なぜですか?」と。無職=暇でしょ?なんでそんなこともできないの?と言われているような。*みん評より抜粋

求人数は多いが募集終了した求人が混ざっている

タイトル
アイテム
 (2)

もう募集終了している求人でも、希望していない業種・職種でもバンバン流してきます。こちらでは募集の有無は確認できないのでとりあえず応募してしばらくすると、キャリアアドバイザーから終了してますと連絡が来る感じで、正直時間の無駄です。*みん評より抜粋

転職を急いでる方、初めての転職活動にはおすすめ

タイトル
アイテム
 (4)

転職エージェントは、4社登録しておりますがその中でも一番レスポンスが早く大手企業〜中小企業まで幅広く紹介して頂き求人数も4社の中で一番多いと感じてます。転職活動を進めていく中での流れやノウハウ、書類添削など細かく指導してくださったのはよかったです【今すぐにでも転職したい!】【初めての転職で不安】と思ってる方にはかなりおすすめです。*みん評より抜粋

遠隔地でも電話での模擬面接対応で無事に内定ゲット!!

タイトル
アイテム
 (4.5)

やはり圧倒的な知名度にひかれて登録をしました。登録してからのレスポンスも早く、最初のインタビューから求人紹介・選考過程での状況ヒアリングやアドバイザリー・内定後のフォローアップまでメール、電話ともに気持ちのよい対応をしていただけました。私が支部の存在しない遠隔地に在住だったため、実際にオフィスでの対面は難しく、メールと電話での対応に終始しましたが、選考が進んで模擬面接(想定させる質問への対処方法アドバイス)も丁寧にご対応いただけたことが、実際の面接時の自信にもつながり最終的に内定をいただけたと感謝しております。*みん評より抜粋

2-2. マイナビエージェント|双方向のアドバイザー

サービス名マイナビエージェント
特徴業界担当エージェントと求職者担当エージェントがいる
広告業界の公開求人数6,545件
広告業界の非公開求人数3,690件
主な求人掲載企業楽天DMMアイレップ電通デジタルfreee
運営会社株式会社マイナビ
マイナビエージェントの概要

転職先について、応募する前や選考中から詳しく知っておきたい、という方には、「マイナビエージェント」がおすすめ。

キャリアコンサルタントとは別に、企業の人事とやりとりをする「アドバイザー」が在籍しているのが、マイナビエージェントの特徴。

一般的なに転職エージェントでは、ひとりのコンサルタントが転職者との面談から企業の人事との交渉までするので、企業からの深い情報が得られないことも。

しかし、マイナビエージェントには、企業ごとのアドバイザーが、あなたの転職をサポートするコンサルタントとは別で在籍しています。

人事部と密なやりとりをしている企業アドバイザーからのアドバイスも得られるので、より詳しい社内の雰囲気や、選考対策が可能なのがマイナビエージェントの強み。

マイナビエージェントを利用すれば、志望企業の内情を知ることができるので、入社後のギャップが減ります。

求人数も多いので、幅広い企業から選択することが可能。

特に会社の雰囲気や環境が気になる方は、マイナビエージェントを利用するとよいでしょう。

キャリアコンサルタントとアドバイザーの双方向支援

残念なエージェント

タイトル
アイテム
 (2)

「事務職」と記載されていた面接を受けに行ったところ、まさかの営業職募集であることが判明。事務職で希望しているため、先方の質問などに合致せず、挙句には「うちは腰掛けでつとめられる会社じゃないですよ」と言われてしまいました。マイナビエージェント内で提示された募集内容と、実際の募集内容が違う。それに対してのフォローもなし。応募した数社の回答が1ヶ月経っても送られてこない。とても残念なエージェントでした。*みん評より抜粋

レスも遅かった

タイトル
アイテム
 (2)

年齢からだと思いますが、紹介できる求人は無いとお断りされました。そのレスも複数登録希望した他のエージェントより遅かったです。若年層向けなら若年層向けで、「弊社は30代以上の求人はありません」など明記しておいてほしいです。最初から申し込みませんので。*みん評より抜粋

量より質という印象

タイトル
アイテム
 (4)

求人数こそ劣りますが、無駄に情報量が多くなく混乱することなくじっくり応募できました。また、面接前や面談後には多すぎると思うけど電話をくださりとても助かりました。*みん評より抜粋

20代にはオススメできる

タイトル
アイテム
 (4.5)

初めての転職だったので、20代、第二新卒向けと聞いたマイナビに相談に行きました。担当は若い人で少し不安でしたが丁寧に対応してくれました。初めての転職だったからなのか、前職の仕事内容の他にもバイト経験や大学の学部を選んだ理由なども聞かれました。面接でも何回か聞かれたので話す練習になりました。私は技術職希望だったのですが、思うような求人は少なく退会しましたが、20代半ばで「転職したいなー」と軽く思ってる人にはお勧めのエージェント会社だと思います。*みん評より抜粋

2-3. dodaエージェント|エージェントの親身なサポート

サービス名dodaエージェント
特徴エージェントとLINEで連絡がとれる
広告業界の公開求人数5,095件
広告業界の非公開求人数不明
主な求人掲載企業電通デジタルサイバーエージェント博報堂プロダクツヤフー
運営会社パーソナルキャリア株式会社
dodaエージェントの概要

転職活動に不安が多く、エージェントと気軽に連絡が取りたい方は、「dodaエージェント」がおすすめです。

あなた専任のキャリアアドバイザーが、転職活動を最後まで親身になってサポートしてくれます。

ほとんどのエージェントでは、担当者と電話やメールでやりとりをすることになりますが、dodaエージェントでは、希望すればLINEでの連絡も可能。

メールや電話よりも気楽に担当者に連絡できるので、ちょっとした不安もすぐに解消できます

あなた担当のアドバイザーだけでなく、企業一社ずつにも担当者がつくので、サポート体制はバツグン。

「転職活動が不安」、という方には、サポートが手厚いので、dodaエージェントがおすすめです。

LINEで気軽に転職相談

エージェント側の利益しか考えてない

タイトル
アイテム
 (2)

初めは面談でも親身に対応していただけてると感じましたが、エージェント側が紹介する企業は良く言って、私が自分で応募しようとしている企業や内定をいただいた企業に対してはデメリットを多く伝えてきました。誘導されているように感じ、最初の親身な対応から印象が変わりました。*みん評より抜粋

期待値の低い相手はエージェントが相手しない

タイトル
アイテム
 (2)

登録時に「カウンセリングを受けませんか」と2回電話があったため、エージェントによるカウンセリングを受けたが、当方が地方・30代後半・希望業種がニッチということもあり、わずか10分で終了。内容といえば「〇〇がわずかに可能性ある程度です(=ほとんど無理)」、「うちでは紹介できる案件が少ない」、「(他社実名)の方が求人があるかもしれない」、「そもそもなんでウチのカウンセリングを受けようと思ったんですか?」などでした。「一緒に頑張りましょう」的な雰囲気は全く無く、期待値が低いからか相手にされてない印象を受けました。*みん評より抜粋

希望どおりの会社を紹介してくれた

タイトル
アイテム
 (4)

転職エージェンシー他社と比べて専任の担当者がとても親身になって相談に乗ってくれ、履歴書、筆記、面接のたびに相談や足りない部分など添削してくれたので志望している会社のほしい人材像を深く理解でき、自分の志望動機と職務経歴をぴったり合わせることができた。*みん評より抜粋

サポートが充実して、転職初心者でも安心できた

タイトル
アイテム
 (4.5)

申し込むと転職エージェントの方が独学で調べて書くと失敗する履歴書や職務経歴書も細かくサポートして書くことが出来たので、書類選考も思っていたよりもスムーズに通過することが出来ました。その他にも、DODAの転職エージェントでは面接対策も重視していて、短い時間に自分をアピールするポイントなどもアドバイスを受けることが出来たので自信を持って転職活動に挑むことが出来たと思います。*みん評より抜粋

2-4. Spring転職エージェント|職種から希望を探す

サービス名Spring転職エージェント
特徴職種別の専門エージェント制
広告業界の公開求人数779件
広告業界の非公開求人数不明
主な求人掲載企業サイバーエージェント デンソー Paypay
運営会社アデコ株式会社
Spring転職エージェントの概要

つきたい職種、やりたい仕事内容が明確に決まっている方におすすめなのが、「Spring転職エージェント」。

希望職種に特化したコンサルタントのサポートが受けられます。

求人を探す際に大切なのが、「業種」と「職種」の2つですよね。

他のエージェントの多くは、「業種」に特化していますが、Spring転職エージェントは、「職種」に特化。

コンサルタントはあなたの専門領域に詳しいため、あなたの市場価値を正確に把握でき、より可能性が広がる求人を紹介してくれます

広告業界の中でもつきたい業種が明確に決まっている方は、Spring転職エージェントを利用すことで、最短で内定できるでしょう。

職種特化エージェントがあなたをサポート

他のエージェント探した方がいいです

タイトル
アイテム
 (2)

障害者雇用の現状とどのような求人があるのか知りたく、登録しました。しかし、面談・相談の機会を与えられず、求人だけ送られてくる。コンサルタントと相談、と公式HPに記載あるのを期待して登録したのですが…しかも、紹介不可の理由を何回尋ねても一向に返ってこず無視される。たとえ伝えられない事情があっても、「すみません事情がありお答えすることできません」くらいの返事はできるでしょ?と少しあきれてしまいました。*みん評より抜粋

受動的ではダメだった

タイトル
アイテム
 (2)

専任のコンサルタントがサポートに就いてくれるわけではないので信頼関係が築き辛い面があるのと、紹介求人数が少ない傾向にあるのが残念です。こちらのサービスを利用して転職を成功させるには受動的にエージェント側からのサポートを期待するのではなく、自発的に行動しサポートを願い出る積極的な姿勢が必要だと感じました。*みん評より抜粋

スピード感がある

タイトル
アイテム
 (4)

仕事をしながら、転職活動をするのはとても難しく感じ、転職エージェントに相談することにしました。次の仕事を早く見つけたいと言う希望を伝えたところ、登録した翌日には数社ピックアップしてくれていてとても驚きました。自分では、少し厳しめの条件をお伝えしたつもりだったのですが、さらに良い条件や経験を積めそうな会社を紹介してくれたので驚きでした。自分の評価を高めるきっかけにもなり感謝しています。*みん評より抜粋

質の良い非公開求人が多い

タイトル
アイテム
 (4.5)

非公開求人を見るにはサイトへの登録が必須ですが、それだけの価値は十分にあると言えます。好条件の求人が多いので選ぶのに迷うほどですが、スタッフのアドバイスが的確なので自分にぴったりの転職先を探すことが可能です。私は神奈川県住まいなので首都圏の求人広告を比較しましたが、この転職サイトは日本全国をまんべんなくフォローしているので居住地域に関係無く利用できるのが便利な点だと思います。*みん評より抜粋

3. 転職エージェントを使うデメリット3選

転職エージェントを使うデメリット3選の画像。希望と紹介のミスマッチ、自分のペースで進めづらいこと、担当者との相性次第なことの3点。
転職エージェントを使うデメリット3選

あなたの希望を聞いた上で最適な求人を紹介し、選考のサポートや内定後のフォローまでしてくれる転職エージェント。

良いことしかないように聞こえますが、実はデメリットもあります。

「本当に良いエージェント」を」「正しく」使わないと、志望企業に内定できないどころか、今よりもよくない企業に入らされることも。

せっかく転職するからには、絶対に成功させたいですよね。

ここでは、転職エージェントを利用するデメリットを解説します。

よく理解し、対処法を知った上でエージェントを利用しましょう。

転職エージェントを利用するデメリット3選

3-1. 希望していない求人を紹介されることがある

転職エージェントは、基本的に求職者の希望と、現在のキャリアやスキルから考えて、求人を紹介してくれます。

しかし、現職での実績が少なかったり、エージェントが保有している求人と一致しないなどと、思っていたような求人が紹介されないこともあります。

さらに、悪質なエージェントだと、コンサルタントに入る報酬が大きい求人ばかり紹介してくることも。

複数のエージェントに登録したり、自分の希望を早い段階で具体的に伝えておけば、このような事態は防ぐことができます

どのエージェントでも希望する求人に出会えない場合は、いま転職するよりも、もう少し現職でがんばって、市場価値を上げてからの方がよいのかも。

希望する求人に出会い、内定することが最も大切なので、妥協する必要はありません。

自分の理想に出会えるエージェントを利用しましょう。

3-2. 自分のペースで転職活動を進めづらい

エージェントを利用しての転職活動は、担当者と二人三脚で進めていくことになります。

転職活動の軸を決めるところから、内定して現職を退職し、転職先に入社するまで、基本的に一人の担当者と一緒に進めます。

手厚いサポートが受けられる反面、自分の好きなときに好きなように進めることは難しいのが難点

転職が初めての方や、不安がある方など、手取り足取りサポートしてほしい方にはエージェントは適しています。が、しかし、自分の力で進みたい方には少しうっとうしいかもしれません。

自力で進めたい方は、転職エージェントではなく、求人が載っているだけの「転職サイト」の利用の方が合っているといえます。

3-3. 担当エージェントの質に転職結果が依存する

担当してくれるエージェントも人なので、どうしても、合う人と合わない人とがいます。

エージェントの方から積極的に紹介をしてほしいのに、連絡するまで求人が紹介されなかったり、

反対に、しつこいほど連絡がきたり。

人によって進めたいペースは違うので、どんなに評判の良いサービスを使っても、自分とは合わない担当者に当たってしまう可能性はあります。

もしうまくやっていけないエージェントに当たってしまった場合は、担当替えを希望しましょう。

人生のかかった転職活動なので、エージェントへの気遣いは不要です。

自分に合った担当者とペアになることができれば、納得いく転職先に出会える可能性が高まります。

4. 転職エージェントを使うメリット3選

転職エージェントを使うメリット3選の画像。選択肢が広がること、客観的な意見が聞けること、プロの支援が受けられることの3点。
転職エージェントを使うメリット3選

転職エージェントを利用することで得られるメリットは大きいです。

特に、異業界から飛び込む方や、転職が初めての方などにとって、エージェントは心強い味方。

エージェントを利用するメリットを理解して、賢く転職しましょう。

転職エージェントを利用するメリット3選

4-1. 非公開求人にアクセスでき転職の幅が広がる

転職エージェントはそれぞれ、企業との独自のパイプを持っています。

長年の信頼関係を築いているので、一般応募では出会えないような非公開求人をたくさん保有しているのがエージェント利用のメリット。

待遇の良い求人は非公開であることが多いので、エージェントを利用することで選択肢が一気に広がります

自分ひとりでは出会えなかった求人に出会えるので、エージェントを利用すると、納得のいく企業に行ける可能性が高まるでしょうります。

4-2. 客観的な意見を聞きながら転職活動できる

転職活動をひとりで進めると、この選択肢で本当にいいのか、このままで内定が出るのか、不安になってしまうこともありますよね。

また、自分の強み弱みや、向いている仕事など、人の意見を求めた方が良い場合も。

エージェントは、そのような相談にも親身に乗ってくれます。

客観的に自分を見つめるきっかけになるので、エージェントを利用することで、本当の自分の理想が見つかるかもしれません。

4-3. プロの支援が受けられるので内定率が上がる

転職活動には、応募してから内定まで、書類選考や面接など、数多くの選考を突破しなければなりません。

一人で全ての対策をするのは、なかなか大変なもの。

対策方法がわからなかったり、遠回りをしてしまったりしてしまうこともかも。

エージェントは、何人もの転職を成功させているので、選考を突破するノウハウを備えています

エージェントに相談しながら応募書類を作ったり、面接練習をしたりすれば、突破率もアップ。

スムーズに転職活動を進められることは、エージェントを利用するメリットです。

5. 転職エージェントを利用する際のポイント3選

転職エージェントを使う際のポイント3選の画像。複数のエージェントを使うこと、希望を正しく伝えること、迅速に対応すること。
転職エージェントを利用する際のポイント3選

転職エージェントを利用するメリットを最大化するためには、適切な使い方があります。

うまく使えばとても便利なエージェントですが、少し間違えると、納得いく会社に内定できないことも

エージェントを利用する際のポイントを3つお伝えします。

転職エージェントを利用する際のポイント3選

5-1. 総合型エージェントと特化型エージェントを併用する

総合型エージェントは、求人数が多いですが、広告業界についての知識は多くありません。

対して、特化型エージェントは、求人数こそ少ないものの、ノウハウを多く蓄積しています。

両者をうまく使い分けることで、たくさんの求人をみつけ、効率よく選考を進めることが可能

エージェントを利用する際は、総合型と特化型を併用しましょう。

5-2. 自分の経歴や希望をきちんと伝える

エージェントは、「自分の現在の仕事や年収」、「今までの業績」と、「これからの希望」を照らし合わせて、求人を紹介してくれます。

そのため、経歴を正しく伝えなかったり、希望を曖昧にしか伝えなかったりすると、望んでいる求人が紹介されないことも。

せっかくエージェントを利用するなら、最短で行きたい会社を見つけたいですよね。

なるべく早く理想の職場に出会うためにも、希望はきちんと伝えましょう。

5-3. レスポンスを早くし期限を守る

求人の募集状況は日々変化します。

少し返信を後回しにしてしまうだけで、締め切りになってしまったり、先方の予定が埋まってしまうことも。

せっかく見つけた求人も、応募して選考に進まなければ意味がありません。

レスポンスを早くし、自分の興味のある求人情報を逃さないようにしましょう

まとめ|転職エージェントを賢く利用して最短で志望企業に転職しよう

3行で分かるこの記事のまとめ
  1. 総合型と特化型のエージェント両方に登録し、それぞれの強みをうまく利用すべき
  2. エージェントに自分の経歴や希望を正しく伝えることでスムーズに転職活動が進む
  3. 万が一担当者と相性が悪かったら遠慮なく交代をお願いすべき

転職エージェントには総合型と業界特化型があり、それぞれメリットとデメリットがあります。

2つをうまく組み合わせて、賢く使うことで、希望する企業への転職を有利に進められます。

エージェントは、担当者が親身になってサポートしてくれますが、担当者と万が一合わなかった場合は、遠慮せずその旨を申し出ましょう。

自分に合ったエージェントで相性のいいエージェントと出会うことができれば、きっと転職活動は成功します

この記事を読んだあなたが、自分に合う転職エージェントを見つけ、転職への第一歩を踏み出していることを願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。